@陣痛

 > 破水

sponsored link

破水

赤ちゃんはお母さんの胎内では、卵膜という袋≠ノ満たされた羊水の中に浮かんでいます。

出産が始まることによって、この卵膜が破れて中の羊水が産道から流れ出てくる事を破水≠ニいうわけです。


破水の一般的なイメージですと、

パシャ!

という音と共に多量の羊水が流れ出てくるような感じですが、

破水にも個人差がある ( ̄〜 ̄)b

わけで、一般のイメージ通り、何かが弾ける音と共に多量の羊水が流れ出る場合もありますし、

「おりものかしら? オシッコかしら? (´、`∂)ポリポリ」

と思うくらいチョロチョロと流れ出てくる場合もあります。

破水がおりものやお小水と違うのは、自分の意志で止められないという点です。


出産の順番はおしるし→陣痛→破水

出産の順番として、よくあるパターンとしては、

おしるし→陣痛→破水

ですが、いきなり破水から始まる出産も珍しくはありません。破水は卵膜が破れて羊水が流れ出てしまう事ですから、胎内の赤ちゃんも、

「こりゃ、産まれるしかしょうがねぇな (-_- ∂)ポリポリ」

とばかりに、陣痛が始まるわけです。

ですから、陣痛が始まる前に破水が始まったら、すぐに病院へ向かって下さい。

ただ、その時に気をつける事は、

破水したら、風呂は厳禁 ( ̄^ ̄)b

です。

卵膜が破れて羊水が流れ出てしまった以上、すでに赤ちゃんと外の世界は直接繋がっています。

その状態で風呂に入ると、産道から雑菌が子宮に入り込み感染症を引き起こす可能性ので、羊水で身体が汚れたからといって、風呂に入るのは止めましょう。

sponsored link





copyright©2009  @陣痛-前駆陣痛の痛みや兆候、陣痛促進剤について  All Rights Reserved